靴擦れ対策の10のノウハウ

靴擦れの不快感はいやですよね。靴擦れの予防方法と治療についてのノウハウを解説します。
 

2012年12月12日

靴擦れ対策と治療

靴擦れの症状が進行してしまうと、足がかなり腫れてしまったり、痛みが酷くなってしまうことがあります。


中でも用心しなければならないのが、傷ついた場所から菌が入ってしまった状態です。




菌が入ると状態がだいぶ悪くなってしまうことも往々にしてあり、高熱を引き起こしたり、最悪の時は足の切断を余儀なくされることもあります。




靴擦れは大したことないと思われる場合が多々ありますが、その危険性に関しても理解しておきましょう。







傷口が少しずきずきするくらいであれば、正しい手当を行うことで自分で回復させることができるでしょう。



しかし、状態が悪化してしまい、足の甲が大きく腫れてしまっているときには、すぐさま専門家に診てもらい治療をしましょう。



単なる靴擦れで医療機関を訪れるなんて必要ないと感じる人も少なくありません。



ですが、何の処置もしなかったことで足の切断を余儀なくされた人もいます。




重症化してから専門家に相談するよりも、大したことないうちに医師に相談したほうがきれいに治癒させることができます。




何日も出歩かずに安静にすることが可能な場合は別ですが、大概の人は学校や仕事の都合で数日間靴を利用せずにいられるということは不可能でしょう。



治る前にまた傷ついてしまい、症状がひどくなるとひどい怪我になってしまう可能性もあります。




一般的には皮膚科を受診しますが、近隣に皮膚科がないという人は内科でも受診が可能なので、早い段階で診察してもらうようにしましょう。

posted by 靴擦れ at 20:46| Comment(0) | 対策方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: