靴擦れ対策の10のノウハウ

靴擦れの不快感はいやですよね。靴擦れの予防方法と治療についてのノウハウを解説します。
 

カテゴリー:日記

2012年12月15日

靴擦れと靴サイズの関係

サイズの小さい靴は靴擦れを発生させやすいので、大きめの靴を使っているという人もいますが、これは正しい考えではありません。




サイズについては、大きぎるものでも小さすぎるものでも靴擦れしてしまうことがあるので、ジャストサイズを選択することが欠かせません。


docter08-2_l.png



必要以上に大きいのがなにゆえによろしくないのかというと、靴の中で過度にゆとりがあるため、足がたくさん動いてしまうからです。



靴が動きやすくなるほど、足と靴で摩擦が生じてしまうので、靴擦れになりやすくなってしまいます。



買い求めた靴が大きかったなら、インソールを取り入れて足と靴をフィットさせるようにしましょう。



この手段なら、気になる靴が自分のサイズより少し大きなものしかなかったという場合でも、対策を施すことが可能です。


自分の足に適さない靴を無理に使うということは血行不良を招き、足以外にも体全体に悪影響をもたらしてしまうので、控えることが大切です。



足の長さのみに注意して靴選びをする人が多いですが、横幅も意識することが大事です。



現物を履いてみないことには自分の足の横幅に適しているかということが判別不可能です。



足の形状やサイズに関してどういったものが好ましいのか判断できないのであれば、ショップの店員に確認しながら自分に最適なものを購入するようにしましょう。


大人以降は足のサイズが違ってくるということはまずないので、少々値が張っても足に合った靴なら長く使い続けることが叶うのではないでしょうか。

posted by 靴擦れ at 12:44| Comment(0) | 日記