靴擦れ対策の10のノウハウ

靴擦れの不快感はいやですよね。靴擦れの予防方法と治療についてのノウハウを解説します。
 

2012年12月06日

靴擦れの症状

靴擦れの目立った症状は、皮膚が靴とで摩擦が起こってしまい傷になってしまうことです。



ダメージを負った場所は皮がめくれて、悪化するとどこにも触れていないのに痛みが発生することもあります。



傷が深刻になったり、傷が回復するまでの間に水ぶくれができてしまうケースもよくあります。



靴擦れの症状はこの2種類だと考えて馬鹿にしている人も多いのではないでしょうか。



代表的なのはこの2つの症状ですが、傷口を守っている間に変な歩き方になっている人もいます。



こうなると、普通であれば負荷がかからないはずの腰やひざに余計な負担を負わせてしまい、ひざや腰部分に痛みを生じてしまうケースがあります。



歩き方が悪いと靴と足の接し方にまで支障をきたすので、この状況では悪いほうに流れてしまいます。



歩き方を変えて痛みを軽減するのではなく、応急処置を行うなどの対応をするようにしましょう。



痛みが酷いと感じる人もいれば、見た目の印象は痛そうなのに実際には痛みがさほどない人もいるので、痛さに関しては人によって差があります。



けれど、靴擦れが現れている部位というのは、靴と皮膚が接触しやすい部分だと言えます。



傷が認められるときには、その部分が靴と触れ合うことで痛みを感じてしまうことが多いでしょう。



症状の軽い靴擦れならば、少し赤みを帯びるだけで治まったり、赤みが進んで黒くなってしまうケースもありますので、自分の足の状態を確かめておく必要があるでしょう。

タグ:症状
posted by 靴擦れ at 20:10| Comment(0) | 症状

靴擦れと靴のサイズの関係

靴擦れしやすい靴といえば、自分の足になじまないもので、サイズが合っていない以外にも形が合わないということも考えられます。



そういったことから、新しい靴を買い入れる際には、確実にためし履きをしなくてはいけません。



普段愛用している靴とサイズが同じなら、ためし履きをせずに買っても大丈夫だと考えるのは危険です。



朝に買った靴は足の形状にマッチしないものが多いと感じている人が数多くいます。



これは、人は夕方になると足のむくみが生じてきて形が変わることが理由です。



そのため、朝はジャストサイズだという感覚があるのに、夕方に差し掛かると狭くなってしまうのです。



これを未然に防ぐには、夕方くらいに靴を選んだほうがいいとされていますが、ためし履きを行うのを忘れてはいけません。



靴擦れを起こさないためにも、自分の足に適したサイズや形の靴を探すことが重要なので、ためし履きする際にはお店の中をちょっと歩いてみることも重要です。



どんな種類の靴が靴擦れが起こりやすいのかというと、女性ならばパンプスのような靴が靴擦れになりやすいとされています。



特別、長くパンプスを身に着けて歩いていると、かかと部分がひどく傷ついてしまう恐れもありますので、買い求めたばかりのパンプスを使うときには長時間歩く予定がない日を選ぶようにしたほうがいいでしょう。



さらに、長期間利用して履き崩した靴も自分の足に合わなくなってしまい、適合しないサイズの靴を履いているのと同じ症状が出てしまうことがあるので、あまりに古い靴は新しいものと変えるようにしましょう。

タグ:靴のサイズ
posted by 靴擦れ at 19:58| Comment(0) | 靴のサイズ