靴擦れ対策の10のノウハウ

靴擦れの不快感はいやですよね。靴擦れの予防方法と治療についてのノウハウを解説します。
 

2012年12月11日

靴擦れ対策方法

靴擦れにならないためには、新しく購入した靴は長い時間身に着けないということがポイントです。



何度も靴擦れを招くという人は特に気を付ける必要があります。



自分の足のサイズに最適な靴を買ったつもりだったとしても、症状が発生してしまうことがあります。



新たに購入した靴は、自分の足に合うまでにある程度時間が必要になりますので、1番はじめは1時間程度から様子を見てみることをおすすめします。



そういった場合も、最初に靴を曲げ伸ばししておいて、ちょっとでも柔らかい状態で履くと良いでしょう。



それから、靴擦れを抑止するためのグッズが豊富に販売されているので、興味があるものを試してみるといいでしょう。



一般家庭に備えられているもので利用できるとされているのが固形石鹸ですが、これは一般的な固形石鹸で大丈夫です。



靴擦れはいつも同じ場所に見られるという人がほとんどですが、痛みの出てくる場所をチェックして、その箇所に接触する靴の位置を調べてから靴に固形石鹸こすりつけた状態にします。



これに似た効果が発揮されるのがベビーパウダーで、石鹸と共通でベビーパウダーを靴に塗った状態にしておくという予防のやり方もあります。



摩擦を抑える狙いがあるため、リップクリームを役立てるといった人もいます。




石鹸などと同じ効果が望める商品なども販売されているので、石鹸やベビーパウダーを取り入れることに躊躇いがある人は、このようなアイテムを入手することをおすすめします。




靴が大きかった場合には、足が靴の中で動かないように、インソールを活用するというのも効果的な方法です。

タグ:対策方法
posted by 靴擦れ at 20:04| Comment(0) | 対策方法

2012年12月06日

靴擦れと靴のサイズの関係

靴擦れしやすい靴といえば、自分の足になじまないもので、サイズが合っていない以外にも形が合わないということも考えられます。



そういったことから、新しい靴を買い入れる際には、確実にためし履きをしなくてはいけません。



普段愛用している靴とサイズが同じなら、ためし履きをせずに買っても大丈夫だと考えるのは危険です。



朝に買った靴は足の形状にマッチしないものが多いと感じている人が数多くいます。



これは、人は夕方になると足のむくみが生じてきて形が変わることが理由です。



そのため、朝はジャストサイズだという感覚があるのに、夕方に差し掛かると狭くなってしまうのです。



これを未然に防ぐには、夕方くらいに靴を選んだほうがいいとされていますが、ためし履きを行うのを忘れてはいけません。



靴擦れを起こさないためにも、自分の足に適したサイズや形の靴を探すことが重要なので、ためし履きする際にはお店の中をちょっと歩いてみることも重要です。



どんな種類の靴が靴擦れが起こりやすいのかというと、女性ならばパンプスのような靴が靴擦れになりやすいとされています。



特別、長くパンプスを身に着けて歩いていると、かかと部分がひどく傷ついてしまう恐れもありますので、買い求めたばかりのパンプスを使うときには長時間歩く予定がない日を選ぶようにしたほうがいいでしょう。



さらに、長期間利用して履き崩した靴も自分の足に合わなくなってしまい、適合しないサイズの靴を履いているのと同じ症状が出てしまうことがあるので、あまりに古い靴は新しいものと変えるようにしましょう。

タグ:靴のサイズ
posted by 靴擦れ at 19:58| Comment(0) | 靴のサイズ